Baliのbabi。ぶべぼ生活(Ubudにて)vol.2


決して観光ガイドブックにはなりませぬ、ごくごく普通のバリでの日々をつらつらとー。
と、時々うどん県のお話付き。




ちなみに・・babi=ぶた

babi が babi を買う



babiと言うのは『ブタ』のことです。


以前、『 私は何故にbabi子(ばびこ)なのか 』で申しましたように

ワタクシ、ブタ好きなのです。


ってなわけでー、最近も見かけてついつい買っちゃいました。これ。

恐らくタオル掛けなんでしょうね。

とりあえず今は冷蔵庫で揺れてます。(* ̄(エ) ̄*)


こーいった木の軽いお土産ってどこかしこにたくさん。

しかもお安い。これで多分200円もしなかったような。



以前は、こんなのも買っちゃって今はキッチンのランプ下で揺れてます。

このカワイくない顔に味があるでしょー。(((*≧艸≦)

何故か羽があるし。 バリ人職人のこーゆー発想が好きなのよねーワタクシ。



あとねー、

大昔にゴアガジャの田んぼ道の横のちっちゃいお店のおじさんがくれたbabi 













イイ味出てるでしょー。

  子babi達があばれて棚から落ちちゃって片耳が不自由になってますが。(((*≧艸≦)



バリのお土産は手彫りが多いんです。

だからひとつひとつ表情が違うのがこれまた味があってヨロシイかと。



ついでにお披露目しよ。 (* ̄・・ ̄*)ノ

ブタ好きの私に日本の友達がプレゼントしてくれたのがこちら 

本革だよー。゚*。(・∀・)゚*。

さすがはニッポン製だわねー。

チープさが微塵も感じられない。確かにチープなもんじゃないんだけどー。


もいっこ。 日本の。 

芸が細かいな~。゚*。(・∀・)゚*。

なのに、1000円くらいだったと思う。




我が家のブタたち、どこまで増えていくのか。

  本物だけは買わないようにしなくては。 (* ̄・・ ̄*)ノ






*****************************

ー 今日のひと言 ー


「お土産用のブタの木彫りってあります?」 (* ̄(エ) ̄*)


「Adalah babi ukiran dari kayu untuk oleh-oleh? 」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。