Baliのbabi。ぶべぼ生活(Ubudにて)vol.2


決して観光ガイドブックにはなりませぬ、ごくごく普通のバリでの日々をつらつらとー。
と、時々うどん県のお話付き。




ちなみに・・babi=ぶた

燃える野菜『ビーツ』発見!



新婚さんと一緒に行ってきたBedugul。
  こちらね~。→『好きな方にはタマラナイ!? お触りOKの爬虫類たち』


市場にも寄ってきました。
  Bedugulの市場は高原野菜もあって、産地ならではの新鮮さも捨てがたい魅力。
  Bedugulに行った時には必ず寄って帰ります。




そこで初めて見た野菜がこちら。 ↓


カブをジャガイモ化したような出で立ち。


市場のおばちゃん曰く
「これはジュースにすれば美味しいよ~。煮込み料理にも使えるよ~。」
「しかも、美容にもいいよ~。」


よしっ!買った! 商売上手のおばちゃんだねー。(*≧艸≦)



この野菜はテーブルビート、またはビーツと言うんだそうです。
  カブの仲間かと思いきや、大きく分けるとほうれん草の仲間に入るんだって。


皮を剥くと真っ赤! 上の写真右下隅のね~。
和名が火焔菜ってのも納得!燃えてます。


皮を剥いてても切ってても、出てくる出てくる真っ赤な汁。
  「これ、染料材として使えるな~。」
  と思いながら真っ赤に染まった自分の手を見つめるワタクシ。(*≧艸≦)



これをフルーツサラダとスムージーにしてみました。(* ̄・・ ̄*)ノ



まだ十分に熟してなかったためなのか、本来こんな感じなのかがよく分かりませんが、
硬いー。甘くないー。 (´・_・`) ニンジンの味と食感みたい。


うーん…。


ならば…
次回があるとすれば
ボルシチにも使われるようなので、煮込み料理に使ってみまーす。(* ̄・・ ̄*)ノ











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。