Baliのbabi。ぶべぼ生活(Ubudにて)vol.2


決して観光ガイドブックにはなりませぬ、ごくごく普通のバリでの日々をつらつらとー。
と、時々うどん県のお話付き。




ちなみに・・babi=ぶた

水分補給が必要な南国果物



先日親戚の祭事に行ってて帰りに果物をたくさん頂きましたー。 (* ̄・・ ̄*)ノ


その中にはぽこにゃんさんが夢にまで見てるという(え?そこまでじゃないって?)

マンゴスチンもありました。


これね、マンゴスチン。  ヘタが付いてる方ね。

インドネシア語ではmanggis(マンギス)と言います。


そして、右側に見える蛇の皮のような果物は、salak(サラック)と申します。


剥いてみましょう。 (* ̄・・ ̄*)ノ


マンゴスチンは果物の女王と呼ばれるだけのことはありますねー。

剥いた姿もお美しい♡

          ちなみに果物の王様はこちら → 『アバタもエクボ、臭さも香水』

もうねー、甘いのなんの!



サラックの皮はまさに蛇の皮のよう。皮にはちっちゃいトゲトゲも付いてます。

なので別名『スネークフルーツ』


味はねー、りんごみたいな感じ。食感もりんごのしゃきしゃき感をとった感じ。


でもね、

このサラック、果物のクセに食べた後、微妙に喉が渇くとゆー。

水分補給しながら食べなきゃなんない果物ってなんなんだろ? (((*≧艸≦)



ローカルの人たちはこのサラックは蒸して食べることも多々。

蒸したら蒸かし芋のようになって、甘みが増します。


日本じゃさすがにサラックまでは売ってないかなー?


どこかで見つけたら是非、ミネラルウォーター片手にご賞味あれ! (* ̄・・ ̄*)ノ






*******************************

ー 今日のひと言 ー


「マンゴスチンは果物の女王です。」 ゚*。(・∀・)゚*。


「Manggis adalah ratu buah.」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。